7th annual meeting in 2016 第7回学術集会

盛会のうちに終了いたしました!
多数のご参加ありがとうございました

第7回日本ダンス医科学研究会学術集会

 

7th Annual Meeting of Japanese Association for

Dance Medicine and Science (JADMS)


開催日時:2016. 3. 6. (日)10:30開始(受付開始10時)

March 6th, Sun, 2016

開催場所:昭和音楽大学 C511教室(南校舎5F)

Showa musical university, Kanagawa, Japan


会頭:水村 真由美(お茶の水女子大学)

事務局長:糟谷 里美(昭和音楽大学)


参加費(非会員):一般6000円・ 学生3000

参加費(会員):一般4000円・学生2000

プログラム

1030分    開会の辞  

1035分~1050 

基調講演   「ダンサーの身体を理解する意義」 水村(久埜)真由美(お茶の水女子大学)

1055分~12時

若手研究者のためのミニレクチャー1 「リズムダンスの運動制御」 三浦哲都(早稲田大学)

若手研究者のためのミニレクチャー2 「ダンサーとトレーニング」 平山邦明(早稲田大学)

12時~1230   研究発表(口頭) 

1230分~1330   休憩&昼食

1330分~1430分 研究発表(ポスター)

1430分~1600  

教育講演1 「ダンス傷害の特徴」 平石英一(永寿総合病院)

教育講演2 「ダンサーのリハビリテーション」  永岡結香(永寿総合病院)

16時~1730  特別セッション「種々のダンス・芸術パフォーマンスと傷害、そしてトレーニング」

1.クラシックバレエ:佐々木三夏(佐々木三夏バレエスタジオ)
2.ストリートダンス:上西隆史(プロストリートダンサー)
3. ダンススポーツ和智健郎、和智喜理子(プロ社交ダンサー)
4.新体操:木皿久美子(日本女子体育大学)

 1730分~ 閉会の辞

 1800分~ 情報交換会 (定員30名、事前予約優先 会費お一人3000円。当日参加の場合は4000円。

医師、理学療法士、栄養士など医療関係の方々、 ダンスパフォーマンスの研究者、トレーナー、 ダンサーならびにダンス指導者 など ダンスならびにダンサーの健康に興味のある方々は 是非御参加ください。

 

The final program will be announced at this website and facebook page as well.

If you have any questions about the annual meeting, please do not hesitate to contact us. 

Contact address is jadms2016(at)gmail.com. 

Official language of the meeting is Japanese so far. 


Comments