4th annual meeting in 2013 第4回研究会

4回日本ダンス医科学研究会


4th Annual Meeting of Japanese Association forDance Medicine and Science (JADMS)

http://www.jadms.org/


開催日時:2013.3.2 (土)13:3017:30   受付開始13:00


開催場所:お茶の水女子大学共通講義棟2号館201


参加費:非学生5000,学生2000(学生証をご持参ください)




プログラム


13:30-13:40 研究会概要とプログラム紹介 水村真由美(お茶の水女子大学)


13:40-14:30 教育講演ダンサーの内科的トラブルと対処法」勝川史憲(慶応大学)


14:30-15:00 若手による研究紹介コーナー口頭発表)

15:00-16:00  展示&研究紹介コーナーポスター発表)


16:00-17:00 シンポジウム「国外でダンス医科学情報」


 演者:平石英一(永寿病院)浦辺幸夫(広島大学)吉田康行(東京学芸大学)


ゲストコメンテーター:本島美和(新国立劇場バレエ団プリンシパルダンサー)


  コーディネーター:水村真由美(お茶の水女子大学)


17:00-17:30 パネルディスカッション日本人ダンサーを巡る環境と課題


17:45-19:00  情報交換会(大学生協食堂、参加費無料)



若手研究者による研究紹介コーナー


バレエをしている人とバレエをしていない人の足底筋肉の差

    青木 洋子(大阪芸大),蘆田 ひろみ(有馬医院)

女子ジュニア新体操選手に対して実施した定期的な体幹トレーニングの効果について

    鈴木 健大(長野整形外科クリニック), 関 賢一(Body Conditioning Factory), 中小 路真(長野整形外科クリニック), 相澤 充(長野整形外科クリニック)

バレエダンサーのつま先立ち時の関節コーディネーション

    田辺 弘子(京都大), 藤井 慶輔(京都大), 神﨑 素樹(京都大)

 片脚着地動作における足部接地方法が床反力および下肢関節運動に与える影響―バレエ経験者と未経験者の比較―

    藤井 絵里(広島大), 浦辺 幸夫(広島大), 前田 慶明(広島大), 篠原 博(広島大),笹代 純平(広島大),曹 煜波(広島大)

 筋疲労に伴うバレエダンサーのドロップ着地動作の特徴

    松浦 愛(お茶大), 吉田 康行(学芸大), 水村 真由美(お茶大)

 クラシックバレエ専攻学生の身体および体力特性

    吉田 真咲(お茶大),糟谷 里美(昭和音大),杉本 亮子(昭和音大),吉田 康行(学芸大),水村 真由美(お茶大),小山 久美(昭和音大)

















Comments